耳鳴り

耳鳴りは、長い間原因不明の病気とされていましたが、最近の研究で耳鳴りの発生は鼓膜の奥にある蝸牛(かぎゅう)という器官と密接に関係していることが分かってきました。

 

人が音を聞くとき、鼓膜が音によって振動し、その振動が増幅されて耳の奥に伝わっていきます。その増幅されて伝わった振動を蝸牛が電気信号に変換し、脳に伝えることで音として認識されます。

 

しかし、蝸牛に異常があると電気信号に変える機能が弱くなり、脳に届けられる電気信号が減少してしまいます。

 

すると脳は弱った電気信号を受け取るために過敏になってしまい、普段は切り捨てられている不要な音まで脳に認識され、「音が鳴っている」と勘違いしてしまうのです。

 

つまり『耳鳴り』とは聞こえづらい状態を補おうとする脳の過剰な反応なのです。

 

 

 

 

このように耳鳴りは脳の反応によっておこり、ストレスや疲労、不安感などによって悪化することがわかっていますが、

 

漢方ではこのような見方のほかに

〇高音性(セミが鳴くようなジージーといったものやキーンとした金属的な音)と低音性(潮騒のようなザーザーとしたものや水をすすぐような音)といった音の違い

〇自己免疫力の低下から生じるものと外因性の理由によって生じるもの

などさらに細かく分類にわけて原因を探っていきます。

 

耳鳴りでお困りの方はお気軽にご相談ください。

 

 

だいだら鍼灸整骨院

診療時間 平日 9:00~20:00  土・日・祝日 9:00~18:00

(平日18:00以降は完全予約制)

定休日 月曜・第2.4日曜

〒155-0033 世田谷区代田2-21-10      Tel:03-6805-5866

https://www.daidara.tokyo.jp/

世田谷代田駅 徒歩30秒 下北沢・梅ヶ丘・新代田・東松原からも簡単アクセス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です