気象病

こんにちは

 

昨日の甲子園決勝盛り上がりましたね。惜しくも敗れてはしまいましたが、秋田の金足農の選手たちの頑張りには心を打つところがありました。

 

そんな中、西日本では台風が三つ連続で発生するという事態が発生しております。

 

この台風という言葉は明治時代に岡田武松さんという方が颱風と名付けたことから広まったようですが、その由来は諸説あるものの大きくて多大な被害を与えることから、ギリシャ神話に出てくる下半身は蛇のようで頭部が100個もあり、火や燃えた岩をはきだす巨大な怪物テュポン(Typhon)からとられたという説が有力なようです。

 

 

この台風のように天気の変化によっておこる体調の変化は気象病と呼ばれ、最近では現代医学でも研究が進められています。

 

気象病が起こる要因として主たる原因が気圧の変化です。急激な気圧の変化は人間の身体にストレスを与え、その影響から自律神経の働きが乱れ、頭痛や古傷の痛み、関節痛、気分が落ち込むなど様々な症状を引き起こし、温度や湿度の変化も加わると増悪する傾向があります。

 

これらを予防するには質の良い睡眠や適度な運動を行うなど自律神経を正常化させることが大事になります。また頭部から後頭部にかけてのマッサージも有効なので、天気が悪いと体調が崩れがちという方は一度お試しください。

 

もちろんと当院でも気象病を治療することができますので、お気軽にご相談ください。

 

 

 

だいだら鍼灸整骨院

診療時間 平日 9:00~20:00  土・日・祝日 9:00~18:00

定休日 月曜・第2.4日曜

155-0033 世田谷区代田2-21-10      Tel:03-6805-5866

http://www.daidara.tokyo.jp/

世田谷代田駅 徒歩30秒 下北沢・梅ヶ丘・新代田・東松原からも簡単アクセス