ぎっくり腰

突然腰に激痛が走り動けなくなる所謂「ぎっくり腰」、ひどいものになると立ち上がれない、寝返りが打てないといった症状も。

 

ドイツではその突然想像もしない痛みがやってきたことを比喩して「魔女の一撃」とも呼ばれます。

この「ぎっくり腰」の正式名称は急性腰痛といいますが、

 

骨格の歪み

過度な筋肉への負荷

インナーマッスルの脆弱化

神経回路の乱れ

 

など原因は人により様々で多岐にわたります。また年齢や性別による差もないため、若くて運動をしている人でもぎっくり腰になるリスクを抱えています。

 

それでは、この「ぎっくり腰」のように突然痛みが出た時にはどのように対処すればよいのでしょうか。

 

基本的には痛みが出ている患部の炎症を抑えることが重要になります。痛めた部位から炎症部質が約48時間で続けるので、約2~3日間は冷やしてあげるとよいでしょう。

 

この時注意してほしいのが入浴です。お風呂に入ると身体全体が温まり、また浮力も働くため一時的に痛みが治まったように感じますが、入浴後しばらくして他の部分が冷えてきたときに患部の熱が増すことで痛みが強くなってしまいます。

痛みが出始めてから2~3日は入浴は避け、シャワー程度にしておくことをお勧めします。

 

また以前までは、急な痛みが出た時には安静にして全く動かないことが原則でしたが、最近の研究によると動ける範囲で日常生活を行ったほうが治りが早いということがわかってきました。

 

ただし、無理に痛みを我慢したほうが早く治るというものではありません。あくまで無理のない範囲で全く動かないのではなく、日常生活を送る程度なのでこちらの点だけご注意ください。

 

突然痛みが出た時の対処

 

〇痛みが出ている患部を冷やす

〇2~3日湯船での入浴は避け、シャワー程度にする

〇動ける範囲内で日常生活を送る

 

いかがだったでしょうか。今回ご紹介した「ぎっくり腰」に対しての対処は他の部分でも急に痛みが出たときにも応用できますので参考にしてみてください。

 

もちろん当院でもこのような急性症状にも対応しておりますので、お困りの際はいつでもご連絡ください。

 

だいだら鍼灸整骨院

診療時間 平日 9:00~20:00  土・日・祝日 9:00~18:00

定休日 月曜・第2.4日曜

155-0033 世田谷区代田2-21-10      Tel:03-6805-5866

http://www.daidara.tokyo.jp/

 

坐骨神経痛

坐骨神経痛とはその名の通りお尻から太もも、ふくらはぎへと繋がる坐骨神経(膝から下は枝分かれしてすねの方に走る神経ともつながっています)に生じる痛みやしびれの総称で、

「なぜ神経痛が出ているのか?」という原因はまた別にあります。

 

 

代表的なものとしては

 

〇腰部椎間板ヘルニア

〇脊柱管狭窄症

〇梨状筋症候群

 

などの背骨や骨盤に原因があるもの、腫瘍や内科系の疾患、婦人科疾患のあるほかに、足の動脈が詰まると神経痛に似たような症状が現れるケースなどが挙げられます。

 

細かい内容に関しては、各々別に説明しますが、ここでは代表的な腰部椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症の特徴と違いに関して述べていきます。

 

 

腰部椎間板ヘルニア

 

背骨と背骨の間にある椎間板がつぶれ、飛び出た中身が神経に触れることで起こります。

 

特徴

〇背中を丸めると痛みがでる

〇痛みが出るのは左右片方のみ

〇20~30歳代の女性に多い

 

 

脊柱管狭窄症

 

年齢とともに溶けた骨が、背骨の神経が走っている空間の内側に石灰化して付着し、その部分が神経に触れることで起こります。

 

特徴

〇背中を反らすと痛みがでる。(背中を丸めないと痛みが強くて歩けない)

〇痛みが左右同時に出ることがある。(片方だけの場合もある)

〇年配の方に多い。

 

このように痛みが発生する姿勢・年齢・部位などに明らかな違いがあります。

 

また脊柱管狭窄症、腰部椎間板ヘルニアともにレントゲンでは判断できません。

確かな診断にはMRIなどが必要になりますのでご注意ください。

 

だいだら鍼灸整骨院

診療時間 平日 9:00~20:00  土・日・祝日 9:00~18:00

定休日 月曜・第2.4日曜

155-0033 世田谷区代田2-21-10      Tel:03-6805-5866

http://www.daidara.tokyo.jp/