5月病とプチうつ

こんにちは

5月も半ばを過ぎ随分と日が長くなってきましたね。

昼間は夏日を記録するほど暑くても、朝晩は風も冷たいことが多く、何を着ていくかいつも悩んでしまいます。

皆さん急な温度変化で風邪をひかないように気を付けてくださいね。

 

 

さてそんなこの時期は新しい環境になじむことができずに精神的なストレスからやる気が起こらないなどの症状に悩むいわゆる「5月病」が有名ですが、新しい環境でなくてもGWなどでペースが乱れ、そこから疲れが抜けづらい、何となく夜になると気分が落ち込む、不安になるなどの「プチうつ」とよばれる症状に悩まされるかとも多くいらっしゃいます。

 

このプチうつの「プチ」とは症状の重さではなく、症状が起こる時間の長さを表しています。

そのため日常生活は普通に送れるものの、夕方から夜間の時間帯や週2~3日くらい突然気分が落ち込むようなことが続く状態を指します。

 

これらの症状はストレスや疲労をためすぎや自律神経の乱れから引き起こされるため、神経伝達物質の一つである「セロトニン」の減少が大きくかかわっているといわれています。

セロトニンは乳製品や大豆製品のほかバナナ、雑穀米などに多く含まれています。

 

何となく疲れが取れない、気分が上がらないなどの症状でお悩みの方は、これらの食材を意識的にとることで「プチうつ」症状を乗り越えましょう。

だいだら鍼灸整骨院

診療時間 平日 9:00~20:00  土・日・祝日 9:00~18:00

定休日 月曜・第2.4日曜

155-0033 世田谷区代田2-21-10      Tel:03-6805-5866

http://www.daidara.tokyo.jp/

 

ブログ始めました

こんにちは、だいだら鍼灸整骨院の本島です。

この度ブログを開設し、これから不定期で身体に関する内容を投稿していきますので宜しくお願いします。

さて第一回目となる今回は「こむら返り」です。

ここ最近気温の差が激しいせいか、寝ていて足がつる等の症状でお悩みの方が多くいらっしゃいます。

一般的にこのような筋肉のけいれんが起こる要因は

  1. 筋肉の使い過ぎからくる筋肉疲労
  2. 体が冷えて震えることで筋肉を急に動かしすぎてしまった
  3. 電解質のイオンバランスが崩れてしまった

の3つのどれかが要因となって発生します。

このうち1と2の筋肉の使い過ぎや身体の冷えというものは皆さん想像がつき、対策も思い当たると思いますが、電解質のイオンバランスの乱れといわれてもいまいちピンとこず、またどのように対策をしていけばよいかもわからない方も多いのではないでしょうか??

血液や体液の中にあるナトリウム、カリウム、カルシウム、塩化物イオンなどをまとめて電解質とよび、この電解質の濃度を一定に保つことで健康が保たれています。またイオンバランスは神経の伝達、筋肉の収縮、止血などに作用します。体液量の調節がうまくいかなかったり、イオンバランスが崩れてしまうと、体のむくみ、めまい、食欲不振など体にさまざまな不調が現れてしまいます。

内容だけ読むと難しく感じますが、まとめると「汗をかきすぎたり、お酒を飲みすぎたりして体液の濃度が一定でなくなってしまい、その成分のバランスが崩れると様々な弊害が起こりますよ」といったことですね。

これらの対策としては

〇 筋肉を使いすぎたらしっかりとストレッチなどを行う。

〇 寝ている間など身体を冷やさないようにする。

といったものの他に

寝る前にスポーツ飲料水を飲むといったものも挙げられます。某スポーツ飲料のCMでもイオンサプライなどと謳われていますね。スポーツ飲料にはこのように電解質のイオンバランスを整える作用があります。

ただし甘すぎて味が苦手という方や糖分をあまりとりたくないという方はスポーツ飲料を薄めて飲むか、もしくは漢方の芍薬甘草湯(68番)というものもおすすめです。

こむら返りでお悩みの方はぜひ一度お試しください。

 

だいだら鍼灸整骨院

診療時間 平日 9:00~20:00  土・日・祝日 9:00~18:00

定休日 月曜・第2.4日曜

155-0033 世田谷区代田2-21-10      Tel:03-6805-5866

http://www.daidara.tokyo.jp/