ハロウィーンと新嘗祭

10月も終わりに近づき、日増しに秋が深まってきていますね。

 

明日はハロウィーン。日本では最近仮装大会のような意味合いになっていますが、元々はケルト人(ヨーロッパの先住民)の収穫祭でした。

 

因みに日本の収穫祭に当たる「新嘗祭」では天皇がその年の五穀(稲・麦・粟(あわ)・大豆・小麦)の収穫や新酒を神々に供えて感謝し自らが食す儀式が行われ、現在「勤労感謝の日」として国民の祝日になっています。

 

国や地域が違っていても、自然に対する感謝の気持ちには差がないのかもしれません。

 

ちなみに東洋医学では、こころと身体は自然界の様々な気に支えられて調和を保っており、季節の変化や土地など自然と共生して暮らすことが健康の基本であると考え方を持っていました。

 

その中でも人間のこころと身体の健康づくりのために体系づけられた現存する最古の医学書である「素問」では「秋の3ヶ月は『容平』にすごせ」と記されています。

 

『容平』とはあまり聞きなれない言葉ですが、心をゆったりとくつろがせながら、自然の気や大地の恵みとともに心身を健全に保つ言葉を意味します。

 

収穫の秋にはおいしい旬の食べ物がたくさんあります。

 

この時期はおいしいものを食べて、健康で穏やかな生活を過ごしましょう。

 

だいだら鍼灸整骨院

診療時間 平日 9:00~20:00  土・日・祝日 9:00~18:00

定休日 月曜・第2.4日曜

155-0033 世田谷区代田2-21-10      Tel:03-6805-5866

http://www.daidara.tokyo.jp/

スポーツの日

10月に入っても温度の寒暖差が激しい日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

本日10/10は以前は体育の日でしたね。

これは1964年に東京オリンピックの開会式が行われたことを記念してオリンピックが開かれた2年後から国民の休日になったのですが、実は次の東京オリンピックの開かれる2020年も開会式が開かれる7/24にこの祝日を移動させることが今年の6月の国会で決定したそうです。

 

そして日程の変更は2020年のみとのことですが、その後10月の第2月曜は「体育の日」から「スポーツの日」に名称も変更になることが合わせて決定していたことを皆様ご存知でしたでしょうか??

 

10/10であった「体育の日」が10月の第2月曜日と変更になり、今度はその名称までが「スポーツの日」と変更になる。今年で終わる「平成」とともに、慣れ親しんだものが姿を消していくのは少し物悲しい感じがします。

私たちが行っている東洋医学も江戸時代までは日本の医療の主流でしたが、明治時代に政府が西洋医学を修めた人のみを医師とするようになってから、一度は姿が消えそうになったことがあったそうです。

 

しかし数千年前から続くその功績を消すまいと奮闘した多くの方々の功績により、最近ではまたNHKで特番が組まれるなど、近年また注目を集めるようになってきました。

 

時代とともに変わるものは多くありますが、視線が変わると評価は変わります。

 

周りに流されず、ストレスを断ち切ることで「脱力」を目指しましょう。

 

だいだら鍼灸整骨院

診療時間 平日 9:00~20:00  土・日・祝日 9:00~18:00

定休日 月曜・第2.4日曜

155-0033 世田谷区代田2-21-10      Tel:03-6805-5866

http://www.daidara.tokyo.jp/