土用丑の日とは

こんにちは

7月にもかかわらず35℃を超えるような暑い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか??

今週金曜の7月20日は土用の丑の日だそうです。

 

土用の丑の日というと平賀源内が

 

「本日丑の日」
土用の丑の日うなぎの日
食すれば夏負けすることなし

 

という日本初のキャッチコピーを作ったことをきっかけに、ウナギを食べるようになったといわれていますが、そもそも土用とは一体なんなのかご存知ですか?

 

 

「土用」とは季節の変わり目である立春・立夏・立秋・立冬の直前の18日間を表す言葉だそうです。

そして昔の暦では今のように数字ではなく、干支でおなじみの十二支(子・丑・寅…)で数えられていました。

つまり土用の丑の日とは、この土用期間に訪れる丑の日を表しています。

今年の立秋は8月7日であるため、8月1日も二の丑と立秋前の土用には丑の日が2日あるようです。

 

ちなみに江戸時代の平賀源内よりさかのぼること1000年余り、当時編纂された「万葉集」の中で大伴家持が

 

石麻呂に吾れもの申す夏痩せに
よしといふものぞむなぎとり召せ

 

という歌を詠んでいます。

これは石麻呂という人に夏痩せにはむなぎ(ウナギ)を食べるといいよと勧めている歌です。

 

昔から日本では栄養価の高いうなぎを食べて夏バテにそなえていたことがよくわかりますね。

 

これからが夏本番。今年の夏は酷暑が見込まれております。

食事をうまく利用して夏バテを吹き飛ばしましょう。

 

だいだら鍼灸整骨院

診療時間 平日 9:00~20:00  土・日・祝日 9:00~18:00

定休日 月曜・第2.4日曜

155-0033 世田谷区代田2-21-10      Tel:03-6805-5866

http://www.daidara.tokyo.jp/

世田谷代田駅 徒歩30秒 下北沢・梅ヶ丘・新代田・東松原からも簡単アクセス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です