X脚・O脚

膝が内側に入り込むⅹ脚(外反膝)、反対に膝がパカッと開いてしまうO脚(内反膝)。見た目が問題だけでなく、X脚・O脚は膝の関節軸がずれているため、放っておくと中年期以降軟骨がすり減り、骨同士がぶつかることで膝の痛みを引き起こす原因となります。

 

これらの膝の歪みは骨や靭帯などのけがや病的な異常による変形、成長期における一時的ものを除くと、そのほとんどが日常的な身体の使い方のクセや、骨盤や股関節の傾きなどの影響から生じています。

 

そのため歪みを改善するには膝へのアプローチの前に、元となる原因である骨盤や股関節の歪みを改善していく必要があります。

 

O脚の人は股関節が外向きに開いているため、お尻の外側の筋肉が常に凝っている状態になります。(中殿筋・梨状筋など)、反対に膝と股関節の間の内側の筋肉が緩んでしまっています。(内転筋・内旋筋)

 

X脚の人はこれとは逆に膝と股関節の内側の筋肉が常に硬くなり、お尻の筋肉が緩んでいる状態になります。

 

そのためO脚の方は正座から両下腿を外側に開くぺったんこ座りでおしりのストレッチ、X脚の方はあぐらの体勢で膝の内側をストレッチ。余裕ができたら、弱いほうの筋肉を鍛えてあげることで膝の歪みを改善できますよ。

膝の歪みでお悩みの方はぜひ一度お試しください。

 

 

 

 

だいだら鍼灸整骨院

診療時間 平日 9:00~20:00  土・日・祝日 9:00~18:00

定休日 月曜・第2.4日曜

155-0033 世田谷区代田2-21-10      Tel:03-6805-5866

https://www.daidara.tokyo.jp/

世田谷代田駅 徒歩30秒 下北沢・梅ヶ丘・新代田・東松原からも簡単アクセス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です